スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
直感でこの本を選んでました。

なぜか、未来のことが最近は気になります。それは、日本の将来が明るくないからなのでしょうか? 自己防衛のためにそうしているのか? 正直わかりません。 でも、今後自分で責任を持って考え、行動していく必要があるのは確か見たいです。 具体的にどうしたら良いのかは、この本が示してくれます。個人で実践するのはやや難がありますが。

現代社会において、左脳的思考の論理がすでに行き詰まっているということです。
そして、これからは改善の余地がある右脳を使い、差別化をはかることが重要ということです。 実際に、90%の人々が右利きだそうです。 
(今後右利き、左利きについて研究をしていくつもりです。)

 話はそれますが、以前留学していた時、ホームステイ先のファミリーが5人家族でした。そして、その中の3人が(母親と双子の2人が)左利きでした。確立で見ても、凄いです。それ以上に、双子共に左利きというのが驚きでした。


では、なぜ「新しいこと」を考え出す人の時代と謳っているか?

 1.「よその国,特に途上国にできること」は避ける より安価な労働力で仕事を済ませるため
 2.「コンピュータやロボットにできること」は避ける 
 3.「反復性のあること」も避ける 2,3はロボットやコンピュータがスピーディーにすませるため

要するに、労務費をおさえるために機械やアウトソースが今後さらに進むというわけです。だから、機械には代替し難い仕事や人間らしい特徴を生かしていくことが重要というわけです。

では、右脳を鍛えるためにできることは、左半身をより使うこととなります。実は個人的には、既に左手を鍛えています。
箸から始め、今では文字を書くまでトレーニングを積んできました。きっかけは、やはり右脳のトレーニングのためです。
確かに巷では、怪しい論説もあります(笑)
単純に、余り使っていない部分を使えるようにトレーニングしておくためです。本当に効果があるか?
 こればかりは、検証しようもない気がします。
でも、これから求められる「6つの感性」

 ・「機能」ではなく「デザイン」
 ・「議論」ではなく「物語」
 ・「個別」よりも「全体の調和」
 ・「論理」ではなく「共感」
 ・「まじめ」だけでなく「遊び心」
 ・「モノ」よりも「生きがい」

はいずれも、自信あります。声を大にして!
もっと言えば、これからは俺の時代が来るのか? 勘違いくらいはしておきたいものです。(笑)

感想として、人間らしさが今後求められるということは、非常に喜ばしいことだと感じました。最近ではやたら、効率だの論理だの冷静にだの人間が機械化したいのか?と錯覚を起こしそうなことが多々あります。 そういった中で、このような流れに傾くということは、原点回帰を意味している気がしてなりません。 さまざまな問題で考えてみると,,,
 「人間の在り方」を哲学で、もう一度考え直す良い機会なのかと思います。

ぜひ一読をお勧めいたします!

- comments(0) trackbacks(0)
史上最強の人生戦略マニュアル
評価:
フィリップ・マグロー
きこ書房
¥ 1,785
(2008-09-27)
今回は、最近発売された勝間和代さんの3部作の1つです。実際には翻訳みたいです。

なんと、この本は430ページの分厚さ。
なんだかカウンセリングを受けているようでした。実際に受けたことはありませんが(笑)

カウンセリングっぽいので、やや説明や表現がクドイと感じるかもしれません。
しかし、現在の自分の人生について満足いかないという人にとっては、物凄くためになると思います。 

私は、著者であるフィリップ・マグロ―さんと対話している感じがしました。それほど、事細かに順序良く進んでいきます。 
勝間さん曰く、「ワークブックになっている」からも読み取れます。

著者は「現実主義者になれ」!と、時には難しくも厳しく接してくれます。 そして、現実を分析し、理想へと近づける手助けをしてくれます。

なるほどなと感じたフレームワークがいくつかありました。
人生の法則
他人を理解するための8つのリスト
万人に共通する10の特徴
成功者が必ず持っている10の要素 など

この著者だけではなく、他の人が主張している物もあります。 やはり本質は大した変わらないということなんだと思います。もちろん、沢山知らなかったこともあり、勉強になりました。 後半の課題での説明が、やや私には理解しにくかったです。
でも18個ある課題を真剣に取り組むと、自分の人生で「求めているモノ」が明らかにできると思いました。

読書中から非常に勇気づけられ、感動しました。
この本で学んだことを活かし、自分の「人生」という舵を取っていきます!

最後に、この本を紹介してくれた勝間さんに感謝したいと思います。
- comments(0) trackbacks(0)
「ひきこもり国家」日本―なぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか (宝島社新書 238)
何よりも高城氏の日本に対する愛情が伝わった本でです。
他の方の書評は、いろいろと良くはない感じのものがあります。
しかし、もし日本に対する「愛情」がなければこのような書籍はださない思いました。 内容は、いつまでも高度経済成長の実績を引きずるなという警笛です。
なぜなら、「日本に」世界が合せてくれるのはもう過去の話とのこと。
これからは、(というより今すぐにでも)「世界標準に」日本も合せ,適応していくべきというのが彼の主張です。
具体的には
メディア、経済、環境、言語、意識などなどです。

個人の対策としても、4つアドバイスがあり実行していきたいと思います。現時点では1つしか実行できていません。努力しなくちゃ。

最後に、高城氏は時代の先を進んでいる人間だと改めて思います。ブログも参考になります。
- comments(0) trackbacks(0)
ビジネスマンのための「読書力」養成講座
評価:
小宮 一慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,050
(2008-09-15)
最近やたらと速読で多読を行っていた。
しかし、この本の著者はどれだけ深く多くを得るかが重要だとのべている。
速読は、読書の目的のための1つの方法にすぎないらしい。

小宮さんの目的別読書法
 1.速読 求める情報を探すために要点を素早く把握するための読み方
 2.通読レベル1 最初から最後までふつうに読む読み方
 3.通読レベル2 最初から最後まで、論点を整理し、考えながら読んでいく読み方
 4.熟読 注や参考文献を参照しながらきっちり理解するために読む読み方
 5.重読 生き方などに関する座右の書として、何度も繰り返し読む読み方

感想としては、自分がただ読書をした気になっているのでは?と厳しく自戒することができた。 一部、速読については異論がある。しかし、熟読の機会は本当に少なくバランスを欠いているのが事実である。

これからは、著者の論点を(熟読法を)信じ、もう一度基本を徹底して勉強し直してみたいと思います。急がば回れらしい。 最近、英語の勉強や日々の生活でも基本の重要性を身にしみていた。それだけに、深く頷けた。
小宮さん ありがとう!
- comments(0) trackbacks(0)
偶然からモノを見つけだす能力―「セレンディピティ」の活かし方 (角川oneテーマ21)
本日は以前からずっと読んでみたかった本です。
「セレンディピティ」という単語を頻繁に目にする機会が増えていたためです。

セレンディピティとは当てにしていないものを偶然にうまく発見する才能のことらしい。

うーん、よく考えるとこれって結構自分の場合はある気がする。
というのも、著者曰く、セレンディピティを意識することによって発生することが増えるらしい。 ということは、この本を手にした時点でその要件は満たしていることになるのかな? なによりも、研究、開発や芸術の分野でこのセレンディピティによって、偉大な成果をあげられているのは容易に想像できる。要するに、ちょっとしたきっかけだろう

この才能をぜひ鍛えて行きたい。では、どうしたら良いのか?
 それは、好奇心を持ち、感動、観察、記録、ネーミング、課題の認識、連想、ファイリング、情報交換、行動範囲の拡大、仮説、検証、発見、創造のサイクルが著者の言う活用ステップである。

何だか「出会い」が楽しみになった本です。一期一会を大切にしていこうと思います。
- comments(0) trackbacks(0)
Yes、Boss!のすすめ―最初の3年で仕事のプロになろう!
今日は書評をしたいと思います。

この本は社会人として会社へ就職し、その後3年間での取り組み方により将来的に物凄い差が開くという内容の本です。

なぜこの本を選んだか?
 1.アルファブロガーの方が高評価していたため
 2.「最低3年間は辞めずに続けること」とよく耳にするが、なぜか知りたかったから
 3.黄色の本だから(笑)黄色はパーソナルカラーで気になってしまう またなぜか今までの読書経験から黄色い本の質が高い

感想としては、就職して間もない方は必読なのではないかと感じました。
それは、いかに早く・着実に成長していけるかの本質を学ぶことができる良書だからです。 最近他の書籍では「フレームワーク」という単語を使っていますが、それに該当するものがいくつかのせられていました。 要するに、基本を徹底的に身に付けよう!そのためには、上司や先輩からまねぶ ということです。 簡略しすぎかな?(笑)

私の文章力・表現力の向上のためにブログをつづけて行きたいとも思いました。
強いて、この本の惜しい点を上げるなら、最後に「やるか、やらないか」という表現がありました。
ではどのように習慣化し、努力していくことが大切かまでは詳しく説明されておらず惜しいと思いました。
いずれにせよ、読んでみるのが賢明でしょう!
 
- comments(0) trackbacks(0)
刺激
JUGEMテーマ:日記・一般


久しぶりのブログ更新です。

今朝起床し、新聞をいつもどおりに見ていた。1面を読み終え、2面を見て行くと、どこだか見覚えのある顔があった。記事曰く、彼女は大学卒業後の作夏にある国の大学へと留学し、いろいろと経験をつんでいるそうだ。将来的には、非政府組織やマスコミで報道関係の仕事につきたいとのこと。あっ、彼女は中学校の同級生だった。それにしても志が高いなあ。
というように、朝から同級生から刺激を受けた日でした。オレもコツコツと努力し、目標を達成して行きたい!
- comments(0) trackbacks(0)
オルガンスプリングコンサート
今日は札幌コンサートホール、Kitaraで<メシアン生誕100年記念>コンサートへ行ってきました。
 実は、私はこれがKitaraへ行くのは初めてでした。それと音楽についても全然詳しくないですが。

演奏者はオルガン/シルヴァン・エリ ソプラノ、フルート/ドロテ・ピントさんでした。
上記のように、あいにく詳しい感想は述べることができません。しかし、私はドロテ・ピントさんの立っていた目線と同じで、しかも正面にて聞くことができました。彼女は伝えることに情熱を傾けているそうで、注目していると不思議と私の方へ意識を返してくれているようでした。(後半は常に視線を合せてくれている感じ) 私もそれに対して、集中して聴こうと努めました。(勘違いかな?) 
何が言いたいかというと、歌い手と聞き手の関係において素晴らしいものとなれたのではないかと感じました。その証拠に?アンコールに2度も答えて頂きとても有意義な時間を過ごすことができました。ありがとう!

ぜひ機会があれば足を運んでみてください!きっと良い出会いがあると思います。
- comments(0) trackbacks(0)
一ヵ月後
今日は日商簿記の申込み締め切りだった。やっと申し込みしました。

今回2級は初めての受験だけど、実は勉強はほとんどしておりません(笑)
3ヶ月前ほどまでは、一応商業、工業を2順やったのだが、どのくらい覚えているのやら? まあ、これから追い込んでやれるだけのことをやってみよう!
いや、絶対合格してやる!

さあ、とりあえず1順ずつしよっと。
- comments(0) trackbacks(0)
強み
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす (単行本)
マーカス バッキンガム (著), ドナルド・O. クリフトン (著), Marcus Buckingham (原著), Donald O. Clifton (原著), 田口 俊樹 (翻訳)

凄く気になる本があったので読んでみた。

ストレングス・ファインダーと言って、人間一人一人が持つ才能は違うことらしい。
そこで34の資質を設定し、そのうち5つに分類し、どのような強みを持つのかを分析するテストらしい。
理論上は3000万通り以上の組み合わせがあるので、実際にこのテストで全く同じ資質の組み合わせを持つ人と出会うことはないらしい。 

テストを試してみて感じたのは、まずまず参考にできるのではないか?もちろん、完璧にこのようなテストにおいて分析することは不可能であると思う。しかし、これだけの統計、データを用いられたものは他にはないのではないか? 
一度ストレングス・ファインダーを受けてみてほしい。きっと何か生きて行く上で、大事なものが見えてくると思います。

以下は 私の資質

最上位志向
戦略性
着想
親密性
責任感

このうち4つはかなり精度が高く納得いくものだと実感。 ただ、まさか親密性が入るとは全然思わなかった。そう考えると、そういう気もするしなあ... これって良く言うサドルマッチングか?(笑)
まあ何事もバランスの良い見方が必要ですね。
JUGEMテーマ:日記・一般


読書 comments(0) trackbacks(0)
<< | 3/4 | >>