スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ビジネスマンのための「読書力」養成講座
評価:
小宮 一慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,050
(2008-09-15)
最近やたらと速読で多読を行っていた。
しかし、この本の著者はどれだけ深く多くを得るかが重要だとのべている。
速読は、読書の目的のための1つの方法にすぎないらしい。

小宮さんの目的別読書法
 1.速読 求める情報を探すために要点を素早く把握するための読み方
 2.通読レベル1 最初から最後までふつうに読む読み方
 3.通読レベル2 最初から最後まで、論点を整理し、考えながら読んでいく読み方
 4.熟読 注や参考文献を参照しながらきっちり理解するために読む読み方
 5.重読 生き方などに関する座右の書として、何度も繰り返し読む読み方

感想としては、自分がただ読書をした気になっているのでは?と厳しく自戒することができた。 一部、速読については異論がある。しかし、熟読の機会は本当に少なくバランスを欠いているのが事実である。

これからは、著者の論点を(熟読法を)信じ、もう一度基本を徹底して勉強し直してみたいと思います。急がば回れらしい。 最近、英語の勉強や日々の生活でも基本の重要性を身にしみていた。それだけに、深く頷けた。
小宮さん ありがとう!
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://takahiro1608.jugem.jp/trackback/13
<< NEW | TOP | OLD>>